スタッフの成長を喜べる経営者でありたい

HMM−JAPANさくらんぼの村上PONTA和之(むらかみポンタかずゆき)です。

スタッフの成長を垣間見ることができたとき
何ともいえない清々しい気持ちになります

胸が高鳴るというか
ドキドキするというのか…
(まるで初恋ですね笑)

大したことじゃないんです

チョッとしたことなんです

それでも、嬉しい

いや
そのほうが嬉しい

経営者っていうのは
そんなものなのかも知れません

あるスタッフの思い出

どちらかというと
短時間勤務が中心で
入社当初は
シフトを組むのもひと苦労

そんなスタッフでした

あまりにもの面倒くささに
あえて勤務を入れなかった

そんな記憶があります

ある時から
扶養の範囲内ギリギリで
仕事をしてくれるようになった

そのことに
成長を感じたわけではありません

どこに成長を感じたのか?

それは
勤務した日は何か一つ
周りを助けてくれていること

ある日のデイサービス

ご利用者の家族が
事故に巻き込まれ
スグに送ることが
できなくなってしまった

ご家族からの連絡を待つ間
さくらんぼで一人ポツンと
待ってもらうしかない

そんな時に
自然な雰囲気で
ご利用者が帰るまで
そばに寄って
言葉をかけて
待ってくれていたんです

子どもも居るから
早く帰りたい

パートで働いている主婦の頭には
必ずそのことが頭をよぎるはずです

そのスタッフも
以前は子ども中心の
仕事の仕方だった

それが上手にメリハリをつけて
子ども中心の時間と
仕事に重きを置く時間と
分けているような働き方でした

そんなスタッフの心構えは
仕事の全般にも出ています

例えば
そのスタッフの居る日は
現場がイキイキとしています

そういう姿をみるのが
何よりも嬉しかったですね〜

何が成長したのか?

おそらく
スタッフが自分の働くスタイルを
決めて日々の生活を送っている

それだけだと思うんです

でも
この“決める”ことができずに
人生を終える人なんてたくさんいます

このチョッとした変化が
大きな変化を生むんですね

家庭を大切にしながら
仕事も楽しむ

そんな働き方をしてくれていた
スタッフが数多くいてくれたことに
今でも感謝の気持ちです

著書一覧:https://kazponta.com/profile/

「必ず繁盛店!売場演出の極意」(同文館)
「デイサービスオーバー90 マーケティング」(日総研出版)

コンサルティングスタンス:https://kazponta.com/mc/

あなたの会社・お店の『売れる!儲かる!一番商品・一番サービス』を
正しく見つけて、大きく育てて
商圏内のお客さんが買わずにはいられなくなる販売促進の方法を
自分ごととして考え抜く『売上アップマーケター兼経営コンサルタント』