どこの事業所にも…

HMM−JAPANさくらんぼの村上PONTA和之(むらかみポンタかずゆき)です。

どこの事業所にも
堂々とは言えないような事の
1つや2つ
あるのではないでしょうか?

ぼくが初めて勤めた特養では
オープン初日に
デイの認知症のご利用者が
サービス中に行方不明に

オープン初日ですから
ご利用者の顔も状態も
分かるスタッフがおらず
捜索に苦労したと聞いている

そのことがきっかけとなって
認知症のご利用者へのサービスは
改善に改善を重ねていました

そしてそのような出来事は
さくらんぼでも…

デイサービスがオープンして1年目

あるご利用者さんがお亡くなりになられたのですが
その原因がさくらんぼにある
と家族から疑われたことがあります

ショートステイを利用するため
さくらんぼの利用がを中断していた時の出来事で
まさに寝耳に水

なぜ言われない疑いをかけられたのか?

当時の相談員がご利用者の家族と
担当のケアマネさんから
嫌われていることが原因だった

お亡くなりになられたのをきっかけに
今まで言えなかったことが
セキを切ったように出てきたのも一因となった

肌着の表裏が反対だったこと
パッドが汚れているのに変えてくれなかったこと
排泄で汚れた下着をそのまま持って帰っていること
(軽く濯いだりしていないこと)
ボタンが互い違いにかかっていたこと
時々忘れ物があったこと
送迎に来た際の愛想が悪いこと
何か相談しようと声をかけても返事があいまいである事…

さくらんぼの中で一番大切に介助していたご利用者だった

スタッフ全員にその意識が共有されていなかったことで
ご家族の指摘のような事が起きてしまったのだろう

ぼくの監督不行き届きであり、スタッフへの教育不足のなせるわざである。

この出来事をきっかけに
小さなことでも絶対に手を抜かないようにする
きっかけになった

今の姿をご利用者の家族がみて
心が痛まない介助ができているか?

1日を振り返ったときに
ご利用者に我慢を強いたことがなかったか?

そのことを判断基準に
介助をするように心がけている

若いスタッフや性格の雑なスタッフには
細かすぎてイヤになるかもしれない

でも
このことがきっかけとなり
さくらんぼのサービスの『軸』
と言えるようなものが
カタチづくられてきたと
今も感じている

当たり前のことを当たり前にできる介助のために…
という『軸』を

著書一覧:https://kazponta.com/profile/

「必ず繁盛店!売場演出の極意」(同文館)
「デイサービスオーバー90 マーケティング」(日総研出版)

コンサルティングスタンス:https://kazponta.com/mc/

あなたの会社・お店の『売れる!儲かる!一番商品・一番サービス』を
正しく見つけて、大きく育てて
商圏内のお客さんが買わずにはいられなくなる販売促進の方法を
自分ごととして考え抜く『売上アップマーケター兼経営コンサルタント』